笠原流しょうが焼き

賛否両論!笠原流しょうが焼きレシピ【サタデープラス】

6月17日(土)放送のサタデープラスでは、余った調味料を使って「生姜焼き」と「豚汁」、そして「カレー」のレシピを紹介してくれましたよ。

というわけで賛否両論の笠原将弘シェフの「豚の生姜焼き」のレシピを早速チェック!酒やみりんではなく「梅酒」を使うことで、簡単なのにとっても美味しいしょうが焼きになりますよ!

笠原流しょうが焼きの材料(2人分)

  • 生姜焼き用の豚肉(3〜4枚)
  • 玉ねぎ(1/4個)
  • 醤油(大さじ1/2)
  • チューブショウガ(8g)
  • 梅酒(50ml)

豚の生姜焼きの作り方

  1. 玉ねぎ(1/4個)はスライスします。
  2. ボウルに醤油(大さじ1/2)、チューブショウガ(8g)、梅酒(50ml)を入れて混ぜ合わせ、豚肉(3〜4枚)を入れて漬け込みます。
  3. 玉ねぎはフライパンで炒めていき、玉ねぎが透明になってきたらフライパンの端に寄せ、空いた空間に豚肉を入れます。
  4. 豚肉に焼き色がついたら、豚肉をいったん取り出しておきます。
  5. 漬けダレをフライパンに入れて煮詰め、取り出しておいた豚肉を戻して炒め合わせれば出来上がりです!

さすが笠原さんという、簡単なのに美味しい一品に仕上がりましたね。梅酒とチューブショウガだけで美味しいしょうが焼きが作れるとは、嬉しいレシピです。