市販のうどんを名店のコシと味にする方法【林修の今でしょ講座】

3/15の「林修の今でしょ!講座」は2時間スペシャル!ということで、市販のうどんを科学の力で名店の味にする方法を教えてくれましたよ!

市販のうどんのコシをアップする方法

  1. まずは市販のパックの茹でうどんを用意します。
  2. うどんを耐熱のお皿に置き、ラップをせずに500Wの電子レンジで30秒チンします。
  3. 次に可能な限り大きいお鍋にお湯を沸かします。
  4. それから、表示の半分〜6割程度の時間茹でれば完成

まずは麺をチンすることにより、麺に含まれる水分を飛ばします。その状態で普通に茹でると再び水分が戻ってしまうので、茹で時間を短くすることにより名店のようなコシが再現できるのだとか。

さらになるべく大きいお鍋で茹でることにより、水温の低下を防ぎ、よりコシが強く茹で上がります。二人前を茹でる時は、一人前ずつ茹でた方が水温が下がりにくく良いそうですよ。

この工程は非常に簡単なので、気軽に試せますね。お次は「うどんの出汁」を名店の味に近づけます!

 

うどんの出汁を名店の味にする方法

昆布とかつお節の出汁に「干ししいたけの戻し汁」を入れると名店の味に近づきます。ちなみに昆布からはグルタミン酸ナトリウム、かつお節からイノシン酸、干ししいたけからはグアニル酸といううまみ成分が出るそうです。

まあ普通の出汁に干ししいたけを入れるのがポイントということですね。さらに出汁を取るときは50度以下の低い温度をキープした方が、よりうまみ成分がとれるみたいですよ。