大根の辛みを引き出すジャキジャキ食感の鬼おろし【マツコの知らない世界】

8月2日のマツコの知らない世界では、味も食感も激変するという日本が世界に誇る調理器具「おろし金」の世界を大紹介。大正創業の老舗料理道具屋、通称おろしニストの飯田結太さんが120種類ものおろし金から厳選の品を教えてくれましたよ!

大根臭がガツンとくる「粗い目型」に、辛味が控えめで甘みを感じる「シャキ&ふわ型」、さらにワサビおろしに最適な「クリーミー型」などなど至極のおろし金たちが登場です。

というわけで大根の辛みを引き出す、ジャキジャキ食感の大根おろしが楽しめる「鬼おろし」を早速チェック!

鬼おろし

マツコが「おろしてないわね。削ってる。」という表現をしたおろし金です。最も刃が粗いタイプになります。

見るからにおろしているというより削ってる感満載の一品ですが、この粗さによって一番大根くささが味わえるとのこと。

かなり粗い大根おろしになり、ドレッシングに使う時などにオススメだそうです。大根の辛味と抜群の食感が楽しめます。

大根おろしのパワーが強いため、魚系の食材とは合わなそうというのがマツコの感想でした。

 

マツコの知らないおろし金の世界の記事

120種類ものおろし金から厳選したという5つのおろし金です。おいしい大根おろし、またはおろしわさびを堪能するなら全て欲しいと思える品々ですよ!

 

マツコの知らない世界の人気記事