サイゲン大介の堂島ロールケーキ再現レシピ【得する人損する人】

11月24日(木)放送の「あのニュースで得する人損する人」では、様々な料理を再現するサイゲン大介が、あの大人気ロールケーキ「堂島ロール」を再現!!

堂島ロールとはパティスリーモンシェールの大人気ロールケーキです。モンシュシュって名前だと思ってたけど、今はモンシェールという名前に変わったみたいですね。

大阪発ですが、東京では銀座や日本橋の三越などに出店しています。

わたしも大好きで、時間限定に出されるシュークリームがめっちゃ美味しいんですよね!というわけで家で好きなだけ堂島ロールが食べられる!気になる再現レシピを早速チェック!

堂島ロールを再現する材料

※29cmの角天板1枚分です。

<生地の材料>

  • 卵(5個)※卵白4個+卵黄5個分を使用します。
  • グラニュー糖(100g)
  • 製菓用薄力粉(70g)
  • 片栗粉(10g)
  • 牛乳(50cc)
  • マヨネーズ(大さじ2)
  • ハチミツ(10g)
  • 粉糖(適量)

<クリームの材料>

  • 植物性の生クリーム(60cc)
  • 動物性の生クリーム(乳脂肪分36%を210cc)
  • 牛乳(30cc)
  • グラニュー糖(小さじ6)
  • 練乳(2~3滴)

堂島ロールを再現する作り方

生地とクリームとを、別々に作っていきます。

堂島ロールの生地の作り方

  1. 卵(5個)は常温に戻しておきます。
  2. オーブンは180~190度に予熱します。
  3. 卵白と卵黄をそれぞれのボールに分けます。
  4. 卵白(4個分)にグラニュー糖(50g)を入れ、電動泡立て器で角が立つぐらいまで泡立てます。※グラニュー糖は2回に分けて入れます。
  5. 卵黄(5個分)にグラニュー糖(50g)をを入れ、少し白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜたら、ハチミツ(10g)、牛乳(30cc)、マヨネーズ(大さじ2)を入れて混ぜ合わせます。※生地にマヨネーズを入れるとふっくらとします。
  6. 薄力粉(70g)と片栗粉(10g)を3回ほどふるいにかけてから、卵黄に入れて混ぜ合わせます。
  7. そこに卵白を入れて混ぜ合わせたら生地のタネの出来上がりです。
  8. 天板にクッキングペーパーを敷き、そこに生地を流し込んだら、水を入れた耐熱容器と一緒に180〜190℃のオーブンに入れて9分ほど蒸し焼きにします。※疑似スチームオーブンになります。
  9. 焼き上がった生地に濡れ付近をかけて置き、粗熱を取っておきます。

堂島ロールのクリームの作り方

  1. ボウルに氷水を入れます。
  2. 別のボウルに植物性の生クリーム(60cc)、動物性の生クリーム(210cc)、牛乳(30cc)、グラニュー糖(小さじ6)を入れ、氷水入りのボウルに入れます。
  3. そして氷水をあてて冷やしながら、電動泡立て器で9割くらい泡立てます。
  4. 最後に練乳(2〜3滴)を入れて泡立てれば出来上がりです。

堂島ロールの仕上げ

  1. クッキングシートに、粗熱を取った生地を裏にして置きます。
  2. 生地の上にクリームを塗ります。※奥側の一割ほどは塗らないようにします。
  3. そして手前からクルッと一巻きしたら、巻き終わりの部分を下にしてキッチンペーパーごと冷蔵庫に入れて1時間ほど寝かせます。
  4. 最後に両端をカットし、粉糖をふりかければ出来上がりです!

生地にマヨネーズを入れるとふっくらするというのが驚きでしたし、あの濃厚だけどさっぱりした味わいを植物性と動物性の生クリームを両方使って再現するところに感動しました。

粉糖をかければ、見た目も本当に堂島ロールそっくりです。これは、、作るしかない!!我が家の今年のクリスマスケーキはこれだ!!!

サイゲン堂島ロールケーキを作ってみた

というわけで、早速ですがサイゲン大介の堂島ロールを作ってみましたので振り返ってみたいと思います。

メレンゲを作る

img_3919

めんどいので機械でお手軽にメレンゲにしました。

卵黄に片栗粉とかをふるいにかける

img_3921

入れ物に入れると、底の部分がふるいになっていて、簡単にふるいにかけられるというスイーツ専用アイテムを使用しました。いい感じです。

卵白と卵黄を混ぜ合わせる

img_3923

ここからはヘラで混ぜ合わせました。混ぜ途中なのでムラ感がハンパないですが、クリームの味はかなり堂島ロールに近いものが仕上がりました。サイゲン大介すごいッス。

そういえばこのあたりでは、マヨネーズの香りが凄くて不安感がいっぱいでしたけど。

オーブンで焼き上げる

img_3925

水と一緒に190℃のオーブンで9分焼きました。これが今回最大の失敗ポイントで、見た目にも焼き色が付いていないんですが生焼けでした。でも確かにしっとりとはなる感じでしたね。

生地の厚さとかにもよるかと思いますが、焼き色はもう少ししっかりと付くまで焼いた方がいいと思います。

というわけで、、大失敗!一応クリームを塗って巻いてみましたが、生焼けのためうまく巻けず、、またうまくいったら書きたいと思います。

サイゲン大介のレシピ本

こちらがサイゲン大介のレシピ本です。タイトルが「リストランテasuwa」という名前なので分かりにくいですね。セクシーショットなども収録されているそうですよ?