マクドナルドでダイエット時に食べるべきメニューはビックマックセット!

子供がいると、ハッピーセットのCMのせいでどうしても定期的にマクドナルドへ行くことが避けられないわたしですが、ダイエットしてる時には一体何を食べたらいいのか!?について真剣に考えてみました!

摂取カロリーを抑えつつ、栄養のバランスも良くて太りにくいマックのメニューの組合せは一体どれなのか?

カロリー計算だけでなく満腹感もしっかりと得られて、マックを堪能できるダイエットメニューを追求していきます!

1:マックのハンバーガー達のカロリーをチェック!

まずはメインディッシュとなる各ハンバーガーのカロリーを確認します。その上で食べ応えや栄養バランスを考えていきます。

マックのハンバーガーカロリーランキング(400kcal以上限定)

  1. ダブルクォーターパウンダー・チーズ=828kcal(520円)
  2. メガマック=776kcal
  3. メガマフィン=702kcal(330円)【朝マック限定】
  4. クォーターパウンダー・チーズ=552kcal(400円)
  5. マックグリドル ソーセージエッグ=549kcal(290円)【朝マック限定】
  6. ビッグマック=530kcal(370円)
  7. てりやきマックバーガー=519kcal(310円)
  8. チキンエッグマフィン=515kcal(290円)【朝マック限定】
  9. デミチーズグラコロ=482kcal(370円)
  10. チキンチーズバーガー(チキチー)=468kcal(200円)【おてごろマック】
  11. ソーセージエッグマフィン=467kcal(250円)【朝マック限定】
  12. ダブルチーズバーガー=463kcal(340円)
  13. チキンフィレオ=458kcal(340円)
  14. バーベキューポークバーガー(バベポ)=457kcal(200円)【おてごろマック】
  15. マックグリドル ソーセージ=420kcal(130円)【朝マック限定】
  16. マックグリドル ベーコンエッグ=418kcal(290円)【朝マック限定】
  17. グラコロ=406kcal(340円)

1年ほど前に調べたものですが、これがまあ基本となります。マックを昼に食べると仮定すると、摂取カロリーは800kcal以下に抑えたいところです。

なのでバーガー以外も食べることを考えると700kcal超えのトップ3は選択肢から外れますね。

2:ダイエットに適したバーガーを選ぶ

マクドナルド

というわけでダブルクォーターパウンダー・チーズ、メガマック、メガマフィンの3つは除外します。

その他はだいたい450〜550kcalと、意外と普通のカロリー内なのでカロリーだけを考えるならどれも大差ないですが、次に大事なのは「得られる満腹感」です。

わたしもマックで色々なバーガーを食べたことがありますが、どうしてもビックマックの満腹感の高さは異常です。

はっきり言ってダブルチーズバーガーと70kcal程度しか変わらないのに、ダブルチーズバーガー食べても満腹感は比べものにならないほど低いです。

ビックマックなら1個食べるだけで満腹感をかなり得られます。女子なら1個でも多すぎるくらいの満腹感です。

そしてビックマックは大きいですが、お肉だけでなく野菜もけっこう入っているバーガーです。

バンズの炭水化物にお肉のタンパク質、さらには野菜も食べられるとあって実は栄養バランスがけっこう良い食べ物です。

ダイエット時には炭水化物を少なめにしてタンパク質と野菜を多めに食べた方が良いので、むしろかなりダイエット向きのメニューと言えます。

というわけで、バーガーは「ビックマックが1番オススメ!」

他のバーガーにしたいのであれば、カロリーTOP3のバーガーは避けて満腹感が得られるものを1つ選ぶように心がけましょう。

2個以上はカロリーオーバーにつながりやすいのでやめましょう。

3:ドリンクはノンカロリーを選ぶ

紅茶

ダイエットの基本中の基本ですが、ドリンク類はお茶などのカロリーが無いものを選ぶのが鉄則です。

栄養バランスを考えて野菜ジュースや牛乳などは選択肢に入りますが、夕食まで全て食べてカロリーが少ない時や、食事を抜いた時などの調整に使った方がコントロールしやすいです。

マックのノンカロリードリンク一覧

というわけでマックで用意されているカロリーが無いドリンク一覧です。選択肢はずばり以下4つのみ!

  • コカコーラ・ゼロ
  • 爽健美茶
  • アールグレイ アイスティ
  • ホットティ

※紅茶類は、0kcalではなく3kcalです。ミルクやお砂糖の使用は控えましょう。ちなみに野菜ジュース(野菜生活100)は119kcal、ミルクは138kcalです。

コカコーラ・ゼロは0kcalですが、甘いのに砂糖が入っていないものを飲むと太りやすい体質になってしまうという説もあり、出来ればお茶系がオススメです。

4:最も危険なメニューは「マックフライドポテト」

はい、そしてマックで最も気を付けなければいけないメニューは、みんな大好き「マックフライドポテト」です。

マックと言えばこのフライドポテトというくらいイコールな存在ですが、そのカロリーは危険です。

マックフライドポテトのサイズ別カロリー

  1. マックフライドポテト(L)=571kcal
  2. マックフライドポテト(M)=454kcal
  3. マックフライドポテト(S)=249kcal

はい、こんな感じです。Lサイズはビックマックよりカロリーが高いんです。全然食べ応えのないSサイズですら250kcalもあるので、この危険度はハンパないです。

食べたくても、子供のハッピーセットのポテトを10本程度つまむくらいが限界です。身体が大きい人であれば摂取カロリーはすこし多くてもなんとかなりますが、それでもSサイズが限界だと思います。

以上をもって、ダイエット中に食べるべきマックのメニューはこちらになります!

5:ダイエット中に食べるべきマックメニューは「ビックマックセットでサイドサラダ」

ビックマックセットでサイドサラダ

一番のオススメ、満腹感も得られて栄養バランスも良い「ビックマックセット」でサイドメニューをフライドポテトからサイドサラダに変更したものになります。

  • ビックマック(530kcal)
  • サイドサラダ(10kcal)
  • お茶系(0〜3kcal)

以上、しっかりと食べて540kcalに仕上がりました!サラダのドレッシングのカロリーがちょっと分からなかったですが、+10kcal程度ですかね。

どちらにしてもフライドポテトを多少食べても問題ないレベルです。Sサイズであれば800kcal弱になるので余裕があればこちらの選択肢もありです。

これでダイエット中も安心してマックを楽しめますね!上の写真は、先日このセットを食べてきたときの1枚です。満腹感がしっかりとあって夜までお腹空かなかったですよ。オススメです!