iPhone電卓アプリ

出川のiPhone電卓マジックのやり方【イッテQ】

2月18日(日)放送の「世界の果てまでイッテQ!」では、出川哲朗さんが南極3時間スペシャルの前座として登場!そしていくつかのマジックを見せてくれました。

そして気になったのが、iPhoneの電卓を使ったマジックでした。というわけで気になるスマホ電卓マジックのタネを早速チェック!

出川のiPhone電卓マジックのやり方

  1. iPhoneを取りだし、電卓アプリを起動します。
  2. ウッチャンに「1〜1000の間で好きな数字を言ってください。」と聞きます。
  3. ウッチャンは「654」と言ったので、電卓に654と打ちます。
  4. さらに「×(かける)」ボタンを押します。
  5. 宮川大輔に「1〜1000の間で好きな数字を言ってください。」と聞きます。
  6. 宮川大輔は「83」と言ったので、電卓に83を打ちます。
  7. さらに「×(かける)」ボタンを押します。
  8. 手越君に「1〜1000の間で好きな数字を言ってください。」と聞きます。
  9. 手越君は「手越だから54」と言ったので、電卓に54を打ちます。
  10. そこでウッチャンにスマホを手渡し、「=(イコール)」ボタンを押してもらうようにします。
  11. すると「19640722」が表示されます。
  12. 「なにか思い当たる数字ではないですか?」と聞きます。
  13. 「え、、オレの生年月日」

というのが一連の電卓マジックでやっていたことでした。というわけでこのマジックをするための事前準備があります。そのやり方を見てみましょう!

出川のiPhone電卓マジックの事前準備

  1. iPhoneの横向きロックを解除します。
  2. 電卓アプリを起動します。
  3. iPhoneを横に倒して関数電卓モードにします。
  4. 念のためACボタンを押してリセットしておきます。
  5. 「19640722」と打ちます。※ここで表示したい数字を打ちます。
  6. 「+(プラス)」ボタンを押します。
  7. 「0」を押します。
  8. 「×(かける)」ボタンを押します。
  9. 左上にある「(」ボタンを押します。
  10. 「0」を押します。
  11. iPhoneを縦向きにして、通常の電卓モードにします。
  12. 電卓アプリを閉じます。
  13. iPhoneを横向きロックします。

ここまでが準備です。この状態で、先程の手順通りにやってみましょう!

出川のiPhone電卓マジックのタネ明かし

やり方が分かったところで、なぜこれで任意の数字を表示することが出来たのか?ということですが、、、

(任意の数)+0×(適当な数)=任意の数

ということで、0に適当な数をひたすら掛け続けても0なわけで、それを任意の数にプラスしたところで答えは変わらない、ということですね。iPhoneの電卓でもカッコを使えることが分かっていれば簡単でしたね。

出川のiPhone電卓マジックの注意点

理屈は以上ですが、注意点としては「表示しようとする数字にある程度は計算結果を近づける」ということがあります。

表示された数字が、計算の途中の数字と離れすぎてしまうとバレるかもしれません。また最後に「2」とか小さい数字を言われてしまうと暗算でも分かってしまう可能性があるので避けたいところですね。

また、表示しようとする数字は「なるべく大きい数字」にしておく方が良いです。なので西暦からの生年月日に対して、1から1000の数を何度か掛けていくというのはやはりベストだと思いますね。

こちらのマジックもチェック!